0120-21-3430

営業時間/9:00〜20:00 定休日/水・祝日定休

■□Vol.1 S30 サイドフレーム再生 ニッサン フェアレディZの巻き□■

昭和の名スポーツカー、フェアレディZ様。

業者様よりのご依頼です。

オーナー様ご自身で左前フロント下廻りをぶつけてしまい、

テンションロッドブラケットを溶接して欲しいとのご依頼でした。

2010年末の思い出の作業です。やっとアップすることができました。。

  • 車両をリフトで上げて下廻りをチェックしたところ、とんでもないことになっていました!!

    車両をリフトで上げて下廻りをチェックしたところ、とんでもないことになっていました!!

  • サイドフレームのサビが酷く、ぶつけた際にはがれるというか、外れしまったようです。
あまりにも酷い状態でしたので、テンションロッドブラケットの溶接どころの騒ぎでは無くなってしまい、
状況をご説明して作業に着手することとなりました。
この場合、どこまでの範囲での作業になるのかどうかの判断が難しい種類の作業となりますので、
分解作業をしつつお見積りをしながら作業を進めて行くという、作業する者にとってもオーナー様にとってもかなりドキドキハラハラ感が強い作業となります。

    サイドフレームのサビが酷く、ぶつけた際にはがれるというか、外れしまったようです。
    あまりにも酷い状態でしたので、テンションロッドブラケットの溶接どころの騒ぎでは無くなってしまい、
    状況をご説明して作業に着手することとなりました。
    この場合、どこまでの範囲での作業になるのかどうかの判断が難しい種類の作業となりますので、
    分解作業をしつつお見積りをしながら作業を進めて行くという、作業する者にとってもオーナー様にとってもかなりドキドキハラハラ感が強い作業となります。

  • こちらはテンションロッドとブラケットがサイドフレームからサビで腐食していた部分をごっそり外したものです  ノォ~!

    こちらはテンションロッドとブラケットがサイドフレームからサビで腐食していた部分をごっそり外したものです <( ̄口 ̄||)> ノォ~!

  • 溶接してどうにかなるような状態ではない程に症状は重く、サビがどこまで侵攻しているのか、
確認のためサイドフレームを徐々にはがしていきました。

サイドフレームそのものの内部までもかなりのサビが進んでいます。

このまま剥がし続けてもキリが無い状態なので、ベースがしっかりしている部分は残し、サビている個所を思い切って切り落とします!

    溶接してどうにかなるような状態ではない程に症状は重く、サビがどこまで侵攻しているのか、
    確認のためサイドフレームを徐々にはがしていきました。

    サイドフレームそのものの内部までもかなりのサビが進んでいます。

    このまま剥がし続けてもキリが無い状態なので、ベースがしっかりしている部分は残し、サビている個所を思い切って切り落とします!