メルセデスベンツ SL230 ABC警告灯点灯!故障の定番と言っても過言ではないABCオイル漏れ他修理のご依頼 | ワイズガレージ

0120-21-3430

営業案内/9:00~18:00(ご入庫受け付け) 
定休日/水・祝日定休

  • ホーム
  • 修理・施工実績
  • メルセデスベンツ SL230 ABC警告灯点灯!故障の定番と言っても過言ではないABCオイル漏れ他修理のご依頼

メルセデスベンツ SL230 ABC警告灯点灯!故障の定番と言っても過言ではないABCオイル漏れ他修理のご依頼

メルセデスベンツ SL230さま。

ABCの警告灯が点灯、ご自身でチェックしてみるとオイルが漏れているのが目視でも確認できるとのことで修理でご入庫。(ABCとは、「アクティブ・ボディ・コントロール」の頭文字で、油圧サスペンションのシステムのことです。)

まだジャブジャブに漏れていませんでしたので、車高が完全に落ちてしまう前にご入庫いただけたので一安心です。完全に車高が落ちてしまうと、移動することも難しくなってしまうからです。

そのABCオイル漏れの原因探求作業の際に、エンジンのタペットカバーパッキンからもオイルが滲んでいたため、こちらの整備もご提案させていただきました。

その他の事例もどうぞご覧ください。
◆ジャガー ”持ち込み”車検整備+予備検+登録!!パート2 ジャガー/XJエクスクルーシブ
◆ジャガー ”持ち込み”車検整備+予備検+登録!!パート1 ジャガー/XJエクスクルーシブ
◆V230 不動の原因は? メルセデスベンツ/V230

お問い合わせはお電話またはお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

  • ABCオイル漏れはリザーバーからの漏れが確認できたため、リザーバー交換とABCオイルを交換しました。
(メカニックが覗き込んでいる箇所にリザーバーがあります。)

    ABCオイル漏れはリザーバーからの漏れが確認できたため、リザーバー交換とABCオイルを交換しました。
    (メカニックが覗き込んでいる箇所にリザーバーがあります。)

  • 次にエンジンオイル滲みの整備です。
エンジンのカバーを取り外し、タペットカバーパッキンを交換していきます。

    次にエンジンオイル滲みの整備です。
    エンジンのカバーを取り外し、タペットカバーパッキンを交換していきます。

  • シリンダーヘッドカバーを取り外し、付いている劣化したガスケットを交換します。

    シリンダーヘッドカバーを取り外し、付いている劣化したガスケットを交換します。

  • こちらが取り外したシリンダーヘッドカバー。
劣化したガスケットは取り外してあり、カバーの溝の箇所に新しいガスケットを取り付け、もとに組み戻して作業完了です。

警告灯が点灯した際にはすぐに最寄のディーラーさん、整備工場にご入庫されることがお勧めです。
たまに誤点灯をしてしまう場合もありますが、今回のように不調をお知らせしてくれるのが警告灯の仕事です。 警告灯が点灯した場合は、落ち着いて是非お手元のマニュアルをチェックしてみてください。 

    こちらが取り外したシリンダーヘッドカバー。
    劣化したガスケットは取り外してあり、カバーの溝の箇所に新しいガスケットを取り付け、もとに組み戻して作業完了です。

    警告灯が点灯した際にはすぐに最寄のディーラーさん、整備工場にご入庫されることがお勧めです。
    たまに誤点灯をしてしまう場合もありますが、今回のように不調をお知らせしてくれるのが警告灯の仕事です。 警告灯が点灯した場合は、落ち着いて是非お手元のマニュアルをチェックしてみてください。