0120-21-3430

営業時間/9:00〜20:00 定休日/水・祝日定休

フロントガラス交換 ボルボXCクロスカントリー

ボルボXCクロスカントリー様のご入庫です。
受付時にお話を伺うと、走行中にフロントガラスに飛び石が当たり、ヒビが入ってしまったとのことでした。
当たった瞬間は大きな音がして、とてもビックリされたそうです。

スポット(打点傷)でしたらガラスリペアで補修が可能なのですが、完全に線(亀裂)の状態で傷が入ってしまうとちょっとした衝撃で完全に割れてしまったりの可能性が高まり危険なため交換するしか方法がありません。
スポットの場合は問題はありませんが、ガラスに亀裂の傷がある場合は車検不合格となります。
オーナー様にはその点をよくご説明して、ご納得の上作業に入りました。

飛び石による事故のため、お客様の任意保険の車両保険を使用しての対応となりました。

  • こちらが今回交換予定の新品のフロントガラスです。
自動車ガラスでも、純正品・OEM(いわゆる社外品です)などをお選びいただくことが可能です。
純正品とOEMの違いと言えば、ただ純正品のロゴがはいっているか・いないかだけの違いです。
あとはお値段。
こちらが段違いです。もちろん純正品の方がお値段がイクスペンシブです。

    こちらが今回交換予定の新品のフロントガラスです。
    自動車ガラスでも、純正品・OEM(いわゆる社外品です)などをお選びいただくことが可能です。
    純正品とOEMの違いと言えば、ただ純正品のロゴがはいっているか・いないかだけの違いです。
    あとはお値段。
    こちらが段違いです。もちろん純正品の方がお値段がイクスペンシブです。

  • ガラスの中央上部に位置している車検ステッカーと、左上部の定期点検ステッカーは再利用が可能ですので、慎重に剥がして再利用いたします。
近頃ではナビアンテナは殆どの車両でフィルムアンテナを使用しています。
フィルムアンテナは再利用が出来ませんので、こちらも新品への交換が必要です。

    ガラスの中央上部に位置している車検ステッカーと、左上部の定期点検ステッカーは再利用が可能ですので、慎重に剥がして再利用いたします。
    近頃ではナビアンテナは殆どの車両でフィルムアンテナを使用しています。
    フィルムアンテナは再利用が出来ませんので、こちらも新品への交換が必要です。

  • さて、実作業に入ります。
まずモールを取り外しまして、ボディとガラスの接着部に切れ目を入れます。
ガラスが割れてしまわないように気を配りながら、フロントガラスを取り外します。
こちらはもうガラスが取り外された状態の画像ですね。

    さて、実作業に入ります。
    まずモールを取り外しまして、ボディとガラスの接着部に切れ目を入れます。
    ガラスが割れてしまわないように気を配りながら、フロントガラスを取り外します。
    こちらはもうガラスが取り外された状態の画像ですね。

  • はい、日々の入ったガラスは取り外されました。

    はい、日々の入ったガラスは取り外されました。

  • 割れたガラスは産業廃棄物として処理します。
そして新品のガラスを取り付けるために強力な接着剤を塗布し、新品のガラスを取り付け、モールを取り付ければ作業完了です!
接着剤は接着剤なので、乾くまでにお時間がかかりますので、そのまま待つべし!です。
この時に気をつけなければならないのが、全てのドアを締め切ってしまうと密封状態になってしまい、ドアを勢いよく閉めると、圧力の変化が取り付けたばかりのフロントガラスに悪い影響を与えることがあります。

    割れたガラスは産業廃棄物として処理します。
    そして新品のガラスを取り付けるために強力な接着剤を塗布し、新品のガラスを取り付け、モールを取り付ければ作業完了です!
    接着剤は接着剤なので、乾くまでにお時間がかかりますので、そのまま待つべし!です。
    この時に気をつけなければならないのが、全てのドアを締め切ってしまうと密封状態になってしまい、ドアを勢いよく閉めると、圧力の変化が取り付けたばかりのフロントガラスに悪い影響を与えることがあります。

  • ですので、「フロントガラス交換したて!」のその目印に、ピンクのマスキングテープを貼ってあるのです。

自動車ガラス交換やウィンドウフィルム、UVカットフィルムの施工も随時受け付けています!
お気軽にお問い合わせください!!

    ですので、「フロントガラス交換したて!」のその目印に、ピンクのマスキングテープを貼ってあるのです。

    自動車ガラス交換やウィンドウフィルム、UVカットフィルムの施工も随時受け付けています!
    お気軽にお問い合わせください!!