0120-21-3430

営業時間/9:00〜20:00 定休日/水・祝日定休

【ピックアップ】エンジン警告灯点灯リビルトNTKO2センサー交換■10系アルファード

エンジンチェックランプ、VSC、TRCの表示が点灯でのご来店。
ちょうど車検の時期も来ていたので、車検整備と合わせてのご入庫をいただきました。
恐らく、この状況ですとアルファード10系の場合はO2(オーツー)センサーの不良による症状だと思われます。
今回は警告灯の点灯のみで、お車自体には症状は出ていないという状況でした。
リビルトのO2センサーの設定がありましたので、今回はそちらをお勧めしました!
※O2センサーとは排出ガスのo2濃度をエンジンコンピュータに伝える役割を担うパーツです。O2センサーが不良となると、エンジンの調子が悪くなったり燃費が悪くなるなどの影響が出ることがあります。

  • まずメーターパネルはこのような状況です。
エンジンチェックランプ、VSC、TRCの警告灯がオレンジ色に光っています。

    まずメーターパネルはこのような状況です。
    エンジンチェックランプ、VSC、TRCの警告灯がオレンジ色に光っています。

  • こちらが診断機でチェックした故障内容。
O2センサヒータ系のトラブルコードが出ています。

    こちらが診断機でチェックした故障内容。
    O2センサヒータ系のトラブルコードが出ています。

  • 今回使用したリビルトパーツ。
安心のNTK(NGK)製。

    今回使用したリビルトパーツ。
    安心のNTK(NGK)製。

  • 実物。
外箱のイラストと変わりませんね

    実物。
    外箱のイラストと変わりませんね

  • アルファードのO2センサーはフロント側とリア側にひとつづつ使用しているため、2つ交換する必要があります。

    アルファードのO2センサーはフロント側とリア側にひとつづつ使用しているため、2つ交換する必要があります。

  • ドライバーの先の白く見えるものが、交換済のO2センサーです。
(手前の管はオイルレベルゲージが設置されているガイドです。見えづらかったのでゲージを抜いています)

    ドライバーの先の白く見えるものが、交換済のO2センサーです。
    (手前の管はオイルレベルゲージが設置されているガイドです。見えづらかったのでゲージを抜いています)

  • こちらが新旧比較。
どちらがどちらなのかは一目瞭然ですね。(左:旧、右:新)

    こちらが新旧比較。
    どちらがどちらなのかは一目瞭然ですね。(左:旧、右:新)

  • クローズアップ。
右のO2センサーはすすけています。
左は新しいパーツなのでネジ部分にまだカバーがかかっている状態です。

    クローズアップ。
    右のO2センサーはすすけています。
    左は新しいパーツなのでネジ部分にまだカバーがかかっている状態です。

  • 交換が完了したら、念のため診断機にてエラー診断。
故障コードはありませんとのことで修理完了!

    交換が完了したら、念のため診断機にてエラー診断。
    故障コードはありませんとのことで修理完了!

  • 警告灯も完全に消去。
その後車検整備も施工し、車検満了日も無事に更新してオーナー様へお戻しすることが出来ました。

ご利用ありがとうございました!

    警告灯も完全に消去。
    その後車検整備も施工し、車検満了日も無事に更新してオーナー様へお戻しすることが出来ました。

    ご利用ありがとうございました!